『ビタミンカラーズ』2,000名以上のオーラソーマ卒業生を送り出しました

menu

東京のオーラソーマ資格スクール | ビタミンカラーズTOP

パートナーシップ編:人前で彼のことを褒める効用

日本では、
“ウチの愚妻が”とか
“ウチのグータラ亭主が”とか、
自分のパートナーのことを
人前で、悪く言う人が居ますが、
私がアメリカに来て驚いたのは、
“マイ・スウィートハート”とか
“マイ・ダーリン”と、人前で
愛情を込めた呼称でパートナーを呼ぶ人
が居たことです。
そう言えば、日本でも仲の良い御夫婦ほど。。。
  *       *


例えパートナーが目の前に居なくても、
“理解のある主人のお陰で、
オーラソーマの授業に出させて頂くことが
出来ました”と、
授業初日の自己紹介の時に
言う方は、決まって
”おしどり夫婦”のように
とても仲の良い御夫婦なのです。
パートナーが目の前に居ても・居なくても、
絶えず相手の事を良く言い、
相手の事を褒めることは、
すなわち“自分自身に対するアファメーション”
(宣誓)にもなり、
それは、長い年月積み重なると
”始めに言葉ありき”のとうり、
次第にそれは現実に反映されるようになります。
さらに、長年の”おしどり夫婦”の
もう一つの特徴としては、
誰かの前で、パートナーのことを
とても褒めることです。
これは自慢とか“これ見よがし”という意味
ではなく、
ごく・ごく・自然に
”うちの主人は、とってもお料理が上手なんですよ”
”うちの妻は、収納名人で助かってます”
なんて、パートナーのことを絶えず褒めています。
人は、
直接褒めてもらうのも嬉しいけれど、
人前で、自分のことを褒めてもらったり、
もっというと、廻り廻って、
“御主人、あなたのことXXXって、
とっても褒めてたわよ。。。”と言われたら、
最高潮に嬉しくなるものです。
気のおけない同性の友人に会うと、
思わず、パートナーの悪口大会になることが
多いようですが、
不思議と、パートナーを人前で良く言う女性には、
同じように、パートナー自慢の女性が
いつも集っているようです。
同様に“いい男がいない”と嘆く女性は、
同じような言葉を嘆く女性といつも一緒にいますし、
不幸な男女関係を嘆く女性は、
同じような境遇の女性といつも一緒です。
“幸せオーラ”も
“不幸せオーラ”も、
結局は、“波長共鳴”の法則で
“類は友を呼ぶ”のかもしれませんね。
   “幸せになる女子力”育成コンサルタント
        泉 智子

関連記事