東京のオーラソーマ資格スクール『ビタミンカラーズ』2,000名以上の卒業生を送り出した実績と資格取得後の安心フォローアップ!

menu

東京のオーラソーマ資格スクール | ビタミンカラーズTOP

心の健康編:人生の”棚卸”は定期的に!

今月は、ブログ読者からの
投稿が続いています。
”30歳も近くなり、
独身の私は結婚が気になります。
競争じゃないと分かってはいても、
それでも焦る自分がいます。
こんな私にアドバイスを下さい!”
この読者にアドバイスしたいのは、
“人生の棚卸”です!
そもそも”棚卸”というのは。。。
  *         *


商店や物販店が年に一度決算前に
行うように、
”今ある在庫は何が何個・幾ら相当で、
売れたもの(無くなったもの)は、
何が何個・幾ら相当なのか”
を、割り出すものです。
御自分でも洋服や本など
膨れ上がったストックは定期的に
整理するように、
人生にも、この”棚卸”は必要不可欠です。
  *         *
まず、第一の棚卸期は
20代前半の早くに行うこと。
20代までは、親の思惑や教育に
多分に洗脳されていますから
”それが本当に私が生きたい方向なのか?”
を、一度検証する必要があります。
第二は20代最後から30代前半の早い時期。
この頃は、多分に社会からの洗脳を
受けていますから、
”自分は女性だから”とか
”自分はxx歳だから”とかいう社会通念
みたいなものから、
”それは、本当に自分が求めていることなのか?”
を、一度検証する必要があります。
第三は40代になる頃。
そろそろ“平均寿命”の半分を生きてきて
“結婚”とか“子供”とか
“仕事(ライフワーク)”についての
なんらかの試行錯誤が有ったはずで、
それらの結果について
”それは、このままで死んでいって後悔しないのか?”
を、一度検証する必要があります。
それ以降は、10年おきに一度
“人生の棚卸”をすると良いのではないでしょうか!?
   
  *         *
ここで”検証”と書いたのは、
一人で長期の旅に出て、
じっくり内省する時間を設けても良いし、
または”カラーライフコーチ・ワークショップ”の
〜ライフパーパス編・
カラーで人生の使命と目的を探す〜に出てみること
もお勧めです。
とにかく、外界をシャットアウトして
”自分は今・何を持っていて、
何はもう要らないのか”を、
ハッキリさせることが大切です。
人生は巨大スーパーに入って、
寿命という制限時間内に、
”いかに自分の欲しいものを手にすることが
出来るのか”という、ゲームを
しているようなものです。
スーパーに行く前には、
ちゃんと”欲しいもの”をメモして行くと
無駄なものを手に入れなくて済むように、
いつも定期的に
”自分の本当に望むもの・欲しいもの”
は、書きだしたり、整理しないと
なかなか分からないものです。
   *         *
さて”30歳迷える子羊”の貴方には、
今日のアドバイスは、何か参考になりましたか?
この手の回答に関して、
私は私なりの価値観を言うことはいくらでも
出来るのですが、
本当の答えは、実は
”貴方の中にしか、無いのです!!!”
だから、”棚卸”早速してくださいね。
読者の皆さんも、何か聞いてみたいことが
有りましたら、いつでもメールを下さいね♪
    “幸せになる”女子力育成コンサルタント
          泉 智子

関連記事