東京のオーラソーマ資格スクール『ビタミンカラーズ』2,000名以上の卒業生を送り出した実績と資格取得後の安心フォローアップ!

menu

東京のオーラソーマ資格スクール | ビタミンカラーズTOP

オーラソーマボトル#106”大天使ラツィエル”に寄せて

いよいよ
カラフル・ハピネス・ブログの
”オーラソーマ・ボトルに寄せて”シリーズは、
今回が最後となりました。
ボトル#106には
“条件付けられたパターンを、
内面の変容によって変える”という意味があります。
今日は、ボトル#106番の意味に限らず、
私が107本のオーラソーマ・ボトルの殆ど全てを
使用して分かったことを、皆さんにシェアーしたいと思います。
     *               *


サブプライムローンの焦げ付きに端を発した
アメリカの大不況は、とどまるところを知らず、
ウォール街のMBA取得の元証券ディーラーが
生活のために、やむなくピザのデリバリー・バイトを
高校生に混じって始めている。。。といったことが、
ニュースで伝えられています。
幼いころに鎖で繋がれた小象は、
大きくなって、その鎖をはるかに断ち切れる巨体に
なったとしても、決して鎖を断ち切って
出ていこうとはしないそうです。
これなどは、
“条件付けられたパターン”の最たるものです。
”こんなに会社に尽くしたのに、
リストラするなんて酷い!”と嘆く人に限って
”前と同じかもっと上のクラスの仕事・給与・立場”
を求めようとして、リストラを契機に
“思い切って本当に自分のやりたかった事に進もう”とか、
”違うチャンスを探してみよう”とか、
思わないから不思議です。
斎藤一人さん(納税額日本一)いわく、
”仕事は、自分でつかみに行くんじゃなくて、
仕事の方から呼ばれるんだ”そうです。
ご自身も、商店の経営から
人材教育、のちに講演、執筆活動と
仕事の方から“次の段階”のものが
やって来たそうです。
時の好・不況に左右されることもあるかもしれませんが、
人はおしなべて“自分の魂レベル”が上がると、
自動的に”次のレベルの仕事”に呼ばれる気がしますし、
”魂レベル”の開発を怠ると、それに相応した仕事に
呼ばれる気がします。
#106のラツィエルこそ、
“今の時代のような、突然のあまり良くない変化が
起こったときほど、それを恨んだり・憎むのではなくて、
むしろ〜変化の機会をくれて・有難う!〜という自分の内面の
変容を起こせば、それは絶好のチャンスとなる”
ということを、伝えているのではないでしょうか!?
ちなみに#106には
#17の“吟遊詩人”のボトルの色彩も入っていますから、
“自分の本当にやりたいことを生きる”という意味は、
ここにも脈々と受け継がれている気がします。
           *
さて、私はオーラソーマに携わって
約13年の歳月が流れ、その間殆ど全てのボトルを
体に使用して来ました。
13年前の私は、イエローやゴールドを良く選んでいて、
プライドが高く、人生全般がブランド志向でしたし、
独身でバリバリ働くキャリアウーマンを謳歌していました。
ピンクのボトルを沢山選び始めたころから、
大袈裟な巻髪やメイク、アクセサリーは止め、
黒やグレーといった”クール”な色は着なくなり、
今まで着もしなかったパステルカラーや、リボンや水玉模様の
服を着始め、外見が180度変化しました。
近親者を亡くしたり、新規事業がとん挫したりして
今まで選んだこともないバイオレットを選び始めたころから、
生徒さんたちと旅行に出かけたり、食事にいったりと、
“自分の内面の弱さを出す”ことに
全くためらいが無くなり、気どりが無くなって来ました。
大失恋をきっかけに、“人生は仕事だけじゃない”と気づき
主人と出会って、日本にビタカラを残したままLAに旅立つ頃、
これもまた今まで嫌いだったグリーンが頻出し、
使っていくうちに、あんなに毛嫌いしていた“田舎ぐらし”や
”のんびりと専業主婦ライフをおくること”にも、
”それは・それで素敵なことなんじゃないか”と気づき
今では、このの〜んびりとした暮らし方が気に入っています。
昔の私を知る人は、
”角が取れて、柔らかくなった”とか
”ナチュラルで優しくなった”とか、良く言ってくれます。
最近の私は、
動物や植物・小さな子供を見ているだけで
涙が出てきてしまって。。。なんだか涙もろい人になりましたし、
主人や今は亡き愛犬に沢山の愛を注がれているうちに、
洋服とかブランドには全くこだわりが無くなり、
むしろ”沢山私がもらった愛情”を、他の方にも
何らかの形で分けていきたい。。。と、
常に考えるようになりました。
もしかしたら、私の人生の変化は
オーラソーマが無くても起こったことなのかもしれません。
それでも、オーラソーマが私に教えてくれた最大の教訓は、
“幸せはバランスの中に有る”
と、いうことです。
オーラソーマのボトルは、上下の異なる色を混ぜて使うように、
常に上段(建前)と下段(本音)のバランスを取ること。
表に見えている色の要素と、後ろの補色の要素のバランスを取ること。
(私の場合は、イエローとバイオレット、ピンクとグリーンなど)
人生でかじっていない”10の幸福の要素”をバランス良く
かじって行くことなど。。。
心理学の本を読んだり、ワークショップに出たり、
”頭では解っているのに”どうしても変えられない自分のココロ”
の部分に、オーラソーマのボトルはダイレクトに働きかけ、
ボトルの意味どうりのイベント・人物・体験を
ボトルを使っている間中引き寄せ、
それを実感・体験させ、深い気づきをもたらしてくれます。
私は、この13年の間に
何度もオーラソーマを辞めようと思って来ましたし、
それは今でもオーラソーマを続けている自分が
不思議でならない処が有ります。
でも、私の“魂レベル”にはとても必要だったからこそ、
今日もまた私はオーラソーマに携わっているのでしょうし、
上に書いたように
”人はいくらでも変わるし・いつからでも自分を変えていけるのだ”
という私が体験した変化や変容の喜びを、
ほんの少しでも多くの人に
命の限り伝えていきたいと、今では思っています。
5年余の長きにわたって、ちっとも掲載の進まない
私のブログを、それでも楽しみにして下さった読者の皆様、
そして沢山の感想を送ってくださった皆様、
本当に今日までご愛読有難う御座いました。
皆様に、ほんの少しでもこのブログを通じて
”色はこんなにも人を幸せに・前向きに・美しくする”
ことが伝えられたら、この上もない喜びです。
皆様の毎日が、益々のカラフル・ハピネスに溢れますように♪
          LAから沢山の愛と感謝を込めて。
      カラフル・ハピネス・セラピスト 泉 智子
PS:次回より泉 智子の
”オンナの人をもっと幸せにする101のレシピ”(仮題)
ブログが始まります。皆様から寄せられた人生相談にも、
カラーを使った明るく・楽しい対処法で毎回・回答する
コーナーが有りますので、是非お楽しみに♪
ちなみにカラフル・ハピネス・ブログは小冊子化され、
ご愛読頂けるようになりました。詳しい入手法は、今後の
ビタカラHPをご参照下さい!
  
      

関連記事