東京のオーラソーマ資格スクール『ビタミンカラーズ』2,000名以上の卒業生を送り出した実績と資格取得後の安心フォローアップ!

menu

東京のオーラソーマ資格スクール | ビタミンカラーズTOP

オーラソーマボトル#79”オーストリッチ”に寄せて

新年・明けましておめでとう御座います!
皆さんは、どんな年末・年始を過ごされましたか!?
さて、今日は年頭第一弾のブログにしては、結構シリアスなボトルですが(笑)、
ボトル#79・別名”霊的ショック”のボトルから始めたいと思います。
先日TVで、人間の”幸福”を科学分析する
”幸福科学研究所”が、とても興味深いデータを公表していました。
今日は、ショックが
いかに”幸福のステップボード”になるのかについて、
書いてみたいと思います。
     *               *


人間が”幸福”を感じる要因は、
45%が先天的性格・10%は容姿や職業、住んでいる環境など外的要因、
そして残り45%は”本人の選択”によるものなのだそうです。
”本人の選択”というのは、例が適切かどうかは判りませんが。。。
先日近所の銀行に行ったら、窓口の行員が
勤務中に窓口で、カップヌードルを食べていました。
アメリカでは、銀行員といえども
平気で住所や額面を間違えるし、
チューインガムを食べたり、コーヒーを飲んだりはよくあることです。
私としては、日本の行員との大いなる違いに
”飲食は、つつしんだら!?”。。。と、その行員に注意も出来たのですが、
”朝は忙しくて、朝食が取れなかったのね!”とでも言ってあげると、
私自信も腹が立たないし、行員自身も結構遠慮しながら食べていたので
もしかしたら大いに恐縮?または自粛してくれて、
互いにHappyだったのかもしれません。
つまり”幸福であることを選択する”というのは、
起こっている事象+その解釈を幸福な解釈とする=Happyな結果を得る
。。。という図式で成り立っています。
上に挙げた例で言うと、
”カップヌードルを食べる行員”+”なんだ!けしからん。。。という批判”=苦々しい思い
。。。と、なるのか
”カップヌードルを食べる行員”+”笑って飛ばす”=Happyな一日
となるかの違いなのです。
さて番組では、双子の兄弟・姉妹を何組か追跡調査していましたが、
先天的遺伝子はほとんど一緒なのに、一人は
とても満足した人生を送り、一人は”落ち込みがち”な人生を
送っている双子が何組か居ましたが、
これなどは、まったく本人の”幸福の選択能力”によるものなのでしょう。
      *              *
また様々なケースの、後天的に身体障害を抱えた人や、
事件・事故で大変な心理的トラウマを生じた人のケースも出ていました。
アフリカのジンバブエでは、
村中の女の人が、ゲリラ兵士によって
集団レイプにあい、数年にわたり性的奴隷にされていたそうですが、
今では被害者女性たちは、一致団結して文字を覚え・料理や民芸品で生計を立て、
自分を”肉体的にも精神的にも破壊した”経験を踏み台に
各自で商店を営んだり、同じ被害者女性の救済組織の先頭に立って
大いに活躍していました。
日本人のある男性は、
戦時中の爆弾亀裂が原因で、幼少時に耳が聞こえなくなり
学校・職場でのあらゆる”いじめ”を経験したそうです。
”耳がきこえなくなった”運命のめぐり合わせや、
自分を産んだ親を憎み続けて来た間は、”いじめ”や
悪いことが続いたそうですが、
”こういう障害が生じる選択をした自分には、
何か人生の役割や意味が有るはずだ”と、
”障害”を”幸福な選択”に変えたとたんに、
援助の手を差し伸べる人や、あらゆる好機が訪れ始めたそうです。
今では沢山の本を書いたり、会社の相談役を行って活躍しています。
これらの2例などは、まさしく
”ショックとは、天使が悪魔の変装をして訪れているにしか過ぎない。。。”
という言葉を、思い出させてくれます。
  
      *              *
さて、ボトル#79には
”ショックの中に含まれていた情報を引き出し、
自分の中に統合する”という意味があります。
普段私たちが経験する
日常的なストレスやトラブルは、
せいぜいそれが反転しても、あまり大した前向きな
成長ステップ・ボードにはなりません。
でも、もしかしてこの瞬間
人生最大の危機や事件・事故・ショックを経験している人が居たなら、
その経験は”テコの原理”のごとく、
”この経験がもたらす、成長のためのヒントは何なのだろう!?”と
とらえるや・いなや、
”ショック経験”は、経験したショックの深さに応じて
大きな成長または幸福に反転する可能性があります。
もっと言うと、
”大きなショック経験”こそ、神様が与えてくれる
”幸福の飛び級・資格”なのかもしれません。。。
あなたの経験した、”ショック経験”が
実はどんな”飛び級”の可能性を秘めているのか、
ちょっと人生経験の”たな卸し”をしてみるのも、
年頭には、相応しいかもしれませんね。
          カラフル・ハピネス・セラピスト 泉 智子

関連記事