東京のオーラソーマ資格スクール『ビタミンカラーズ』2,000名以上の卒業生を送り出した実績と資格取得後の安心フォローアップ!

menu

東京のオーラソーマ資格スクール | ビタミンカラーズTOP

オーラソーマボトル#70”壮麗なるヴィジョン”によせて

ボトル70番の別名”壮麗なるヴィジョン”にあるごとく、
“自分は何をやって生きて生きたいのか判らない。。。”
とビジョンが無いことを嘆く方が沢山います。
今日は”ヴィジョンの作り方”について書いてみたいと思います。
       *              *
        


ボトル70番の上層にあるイエローには、
“心配””不安”といった意味がある割には、
“明確な意志を持つ””ポジティブで前向き”という180度反対の意味もあります。
実のところ”壮麗なヴィジョン”を持っている人は、
最初から凄い考えを持っていた訳でもなくて、
実は毎日の”ちょっとした不安”や”心配”を、少しずつ切り崩していったら、
いつの間にか”凄いところに来ちゃった”というのが、正解なのではないでしょうか?
人は誰でも自分の”コンフォート(快適)・ゾーン”を持っています。
だからこそ、ちょっとお高いレストランに入ってしまったり、
入るには勇気が居るブティックに入ると
ちょっと”気まずい”思いをしてしまうものです。
通いなれた美容院やブティック、
慣れ親しんだ人間関係や、目を閉じていても出来てしまう仕事など、
“コンフォート・ゾーン”は、人を安心させリラックスさせますが、
決して人を成長させ、ストレッチさせることは有りません。
何度かこのブログにも登場した、
アフリカ系アメリカ人のオプラ・ウィンフリーも、
自分と同じ人種を対象にしていれば、アフリカ系人種の中では
ちょっとしたスターになれたかもしれないのに、
あえて全米と全人種向けの番組にこだわったからこそ、
今日の成功があるといわれています。
アナタにとって、
“自分には怖いのだけれど、きっとソレが出来たら凄いぞ!”
と思えることって何ですか?
“怖いことリスト”を100個くらい作って、それを次々に達成していくと
自分に確固たる自信や自己価値が付いて、
きっと”壮麗なるヴィジョン”を掲げてもひるまない人間に近ずいているはずです。
             *
次に、ちょっと自分の周辺環境を見回してみましょう。
家の中や仕事場の整理度合いは、
よく心の中を投影しているといわれます。
”となりの億万長者”という全米で資産10億円以上のお金持ちの
ライフスタイルを調査した本の中で、
”超・お金持ちの家は、モノがすくない”という項目がありました。
整理していない書類、
いつか修理しようと、放置しているグッズ、
出しっぱなし、未完了、未完成のもの。
それらが多ければ多いほど、雑念が多いことの象徴だそうです。
未完了なものや、散らかったものは、
捨てる・人に任せる・プロに処理してもらう・修理する・完了する
などして、いつも心の中は
”大事なことしか出しておかない”
という状態に整理しないと、肝心な大目標が
いつも雑事に追われて見えなくなってしまうのだそうです。
ちなみに”超・お金持ち”の家は、
ヴィジョンがはっきりしているので、趣味に合わない家具は買わないし、
自己価値が高いので、”間に合わせで、とりあえず”という好きでもない物も無いし、
価値観にあわないものは、どんどん整理するので、
スッキリして、あまり物がないのだそうです。
             
              *
人間の心もまた同じです。
未完了の人間関係や感情は整理してしまうこと。
怒りや悲しみ、後悔などの感情は、
”誰にも出さない打ち明け話の手紙”を書くなり、
カウンセラーやセラピストを、当事者とみたてて
”言いたかったことを言ってみる”なりで、
すっきり処理しましょう。
すると過去にむかって”エネルギー漏れ”を起こしていた部分が
まっすぐ前=将来にむけて”エネルギー発進”していくから不思議です。
          
              *
こんな風に、
逆説的な言い方かもしれませんが、
最初から”壮麗なヴィジョン”を作るというよりも、
”ヴィジョン創り”を妨げている要因を片っ端から排除すると、
おのずとヴィジョンは、見えてくるものなのではないでしょうか?
”どうも自分にはヴィジョンが無い”とか
”あまり大したヴィジョンが浮かばない”という方には、特にお勧めしたいと思います。
。。。と書きながら、”まずは机の上を今日中に整理しよう”と
私は固く心に今日のヴィジョンを持ちました(笑)。
          カラフル・ハピネス・セラピスト 泉 智子

関連記事