東京のオーラソーマ資格スクール『ビタミンカラーズ』2,000名以上の卒業生を送り出した実績と資格取得後の安心フォローアップ!

menu

東京のオーラソーマ資格スクール | ビタミンカラーズTOP

オーラソーマボトル#66”アクトレス”に寄せて

ボトル#66には”アクトレス(女優)”の別名があります。
ここLAは、ハリウッドを背後に控えているだけあって”脚本分析”のプロが沢山います。
今日は、”ハリウッドの脚本分析プロ”に学んだ、”優れた人生シナリオ”の持つパワーについて
書いてみたいと思います。
        *              *


マリリン・モンローや、元ダイアナ妃など、
”ヒーロー&ヒロイン”と呼ばれる人物の生き方には、
激しい起伏があります。
幸せの絶頂も多々経験しているものの、
不幸のどん底も同じぐらいに経験しています。
”一般ピープル”のそれが、あまり起伏の無い波形を描いているとすると、
”伝説化するヒーロー&ヒロイン”のそれは、震度8強の地震波形の上下を描いているようなものです。
昔から”白雪姫”や”シンデレラ”でも、
おとぎ話の登場人物は、まるでドラゴンクエストのように
次々に襲う試練を乗り越えて、だんだん人間的に磨かれて行き、
最後に人生最大の試練を迎え、そこから立ち直って行く
。。。というストーリー構成が多いようです。
人に注目されたり、高い地位や名声、お金といった”光”を浴びる人は、
それに伴う”裏切り”や”バッシング””病気”や”家族の崩壊”など、
引き受ける”影”も”光”と同じ圧倒的分量となります。
いわゆる”一般ピープル”は、”光”に憧れはするものの、
その裏側にある”影”を引き受けきれないからこそ、”一般的”な生き方で終わってしまいます。
それと同時に、私たちが何故”ヒーロー&ヒロイン”に憧れるのかというと、
彼女たちが迎えた”壮絶な試練”を乗り越える人間力に、
”自分もあやかりたい”と思ったり、
または”自分には出来ないが、賞賛と感動を感じるから”
なのでは、ないでしょうか。
      *               *
そういえば、
ボトル#66を選ぶ人の人生は、まるで上に書いた”ヒロイン”の人生波形のように、
人生を”Make Drame”してしまう、悲しい性があるようです。
身近なところでは、私の知人の”シャンカリ”などもそうです。
オーストラリアで5人の子を持つ母として、何不自由ない生活をしていたのに、
いわゆる”中年期の危機”という焦燥感から、突然思い立って離婚し、
生活費のかからないバリに移住して、
掘っ立て小屋に暮らしながら、紙粘土で作った細工小物を売り、
偶然の出会いからハリウッドの著名プロデューサーの目に作品が留まり、
現在では、バリ・LA・ハワイに会社を有する、著名セレブも愛用するジェリーを創る
実業家&アーティストとして君臨しています。
              *
以前クリスタルストーン・ヒーリングや、フラワーエッセンス・ヒーリングをしていたときに、
実に面白い現象を発見しました。
沢山の石の中から、シトリンという黄色い石を選ぶ人が居て、
シトリンは、アメジストという紫の石が2回高温で焼かれる経験を経て変色して誕生する石なので、
良くお話をきくと、やはりこれまでの人生で2度ほどとても辛い時期があって、
それを乗り越えて自分がとても変わった。。。という人は、シトリンに思わず惹かれてしまうようです。
つまり、自分が惹かれる
音楽・色・絵・人物・場所。。。なんでも良いのですが、
それらはすべて、そのモノが放っている”それが形成されたプロセスやストーリー”
に惹かれているのです。
              *
私はシャンカリのジュエリーをこよなく愛していますが、
それは、ジュエリーを作った作者自身の波動が、
”何も無いところから・自分のチカラで乗り越える”パワーを放っているからです。。
”環境や人のせいにせず、今日から・今から・人生はいくらでも変えられる!”
。。。というポリシーに、きっと共鳴するからです。
実際彼女のジュエリーは、身に着けていると
現状を”一本背負い”で好転させていく作用を次々に引き起こします。
              *
アナタが常日頃惹かれるものは、アナタの中にある魅力の反映です。
それと共に、アナタが苦手意識を持つものや嫌いなものもまた、
アナタの中にある、ある種の欠点や課題が反転して出ているものだったりもするものです。
              *
また、かつて教えていたNLP(神経言語プログラミング)でも習うことですが、
自分が”憧れているもの”に近ずきたいと思ったなら、
例えば、女子アナのようになって”モテモテ”になりたい♪
と思うのなら、女子アナの声の高さやしゃべり方、良くきる服のブランドや化粧法など、
視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚のすべてにわたって、
まるで女子アナを”演じる”つもりで”憧れ人物”をコピーしていくと、
いつの間にか、自分もその人物が生きている人生シナリオを生きられるようになったりします。
”初対面の人からもっと好かれたい”と思ったら”フライトアテンダント”を演じてみるとか、
”今日は苦手な宴会だ〜”と思ったら”人気No.1ホステス”を演じてみるとか(笑)、
色々な場面で、その場面を素敵に乗り越えている人たちを演じてみるのも、
なんだか”自分の人生シナリオ”を素敵に彩どれそうですよね♪
            カラフル・ハピネス・セラピスト 泉 智子

関連記事