東京のオーラソーマ資格スクール『ビタミンカラーズ』2,000名以上の卒業生を送り出した実績と資格取得後の安心フォローアップ!

menu

東京のオーラソーマ資格スクール | ビタミンカラーズTOP

オーラソーマボトル#64”デュアルクール”に寄せて

ボトル64番には、
”人生で普遍なものは、変化することだけである”
という意味があります。
今日は、この”変化”と”ライフワーク”の関係について書いてみたいと思います。
      *               *


アメリカで読んだ、ある本に書いてあった実話です。
18歳で”歌手になりたい!”と思い立ち、田舎町を出て、
ストリートミュージシャンの本場で腕を磨き、
自費製作でCDも出し、プロデューサーにも実力を認められていたのに、
一向に芽が出ないミュージシャンの女性が居たそうです。
”自分はアファメーションも、ヴィジュアリゼーションもしているし、
言葉使いを前向きにし、自己啓発講座にも出て、
必要な行動は書き出し、アクションをチャンクダウン(細かく砕く)して
みんな実行してきたのに、これ以上は一体何が足りないんだろうか?”
悩みに悩んだあげく、
”自分は一体、何の為に歌手になりたいんだろうか?”と改めて自問自答したところ、
”音楽のチカラで、人々を元気にしたり前向きにする後押しがしたい!”と、
答えが出ました。
それからは、曲調も営業先も変えて、
日曜日には教会に出向き、礼拝の後にボランティアで人々を励ます歌を歌い始めたそうです。
すると”アナタの歌を、是非テープに録音して家で繰り返し聞きたい。。。”と、
彼女の歌に感動する聴衆が増え始め、
ちなみに簡易カセットテープを作って売ってみると、とても売れたのだそうです。
ギター一本抱えて、呼ばれるとどこにでも出向いて
”人々が元気になる歌”を歌い続けた彼女は、
こうして行く先々でカセットを売り続け、ついには自社レーベルの会社を設立し、
今ではケニー・ロギンズなど著名歌手も彼女の歌をカバーするほどの
大変成功した”自己啓発ソング・レーベル”に成長しています。
     *            *
こんな風に、
”これこそ私のライフワーク!”と思って
一生懸命頑張っても、道が開けないことが有ります。
時に宇宙は、アナタに別の計画を用意していて、
その計画は、アナタが憧れていたライフワークよりも
ずっと素晴らしいものだったりすることが有ります。
     *            *
だから、上に書いたミュージシャン志望の女性が
結局は同じミュージシャンでも、
最終的には”自己啓発ソング・ライター”として花開いたように、
時に夢に抱いていたライフワークの方向性が見えなくなってしまったとしても、
心配しないで、その”変化”をエンジョイしてみてください。
暗闇の中を、
”あ〜でもない、こ〜でもない”と模索しているうちに、
あなたは自分の特色をもう一度洗い出し、
自分自身の”カラー”を確認する時間を取っているだけなのです。
ひとたび”自分のカラー”さえ分かれば、
あとは”ライフワーク”の方が、磁石に吸い付けられるように寄って来てくれます。
          *
人は、生まれる以前の魂のレベルの時に、
今回学ぶ事や、自分の魂の特色を一言で表す、
シンボルとカラーをもらうのだそうです。
(例:”勇気”を学ぶ人はイエローの”ライオン”マークをもらうとか。。。)
でも、自分は何のシンボルマークとカラーをもらったかを
最初から教えてしまうと、ちっとも魂の学びにならないので、
創造主は、それを人間の心の中に埋め込むのだそうです。
自分の心の中は、悩みにぶち当たったり、
苦しみにぶち当たったりしないと、
なかなか覗こうとはしないものです。
だから”ライフワーク”を探す”暗闇の模索期”は、絶対不可欠な期間な訳です。
ちょっとした挫折も、必要なルートです。
          *
よく、昔一声を風靡した歌手が、今では落ちぶれて犯罪を犯したり、
旧著名スポーツ選手が、スキャンダルを起こすことがあります。
ひとつの”ライフワーク”に固執しすぎると、
本当の”ライフワーク”が見えなくなってしまいます。
自分のものの見方や考え方を、絶えず変化させて、
宇宙が用意した”もっと素敵な計画”探しに身を委ねて行けば、
ボトル64番が言う所の”真のゴール”は、
いづれアナタの前に姿を表してくれるはずです。
         *
アナタの場合は、”何につまずいた”からこそ”今のアナタ”が有りますか?
         カラフル・ハピネス・セラピスト 泉 智子

関連記事