東京のオーラソーマ資格スクール『ビタミンカラーズ』2,000名以上の卒業生を送り出した実績と資格取得後の安心フォローアップ!

menu

東京のオーラソーマ資格スクール | ビタミンカラーズTOP

オーラソーマボトル#82”カリプソ”に寄せて

ボトル#82の別名”カリプソ”には、
”海の妖精・カリプソ”という意味もありますが、
ジャマイカやバハマあたりで、
陽気なマリンバにのって奏でられる”カリプソ”という、
”過去の苦しみを、笑って歌い飛ばそう♪”という音楽ジャンルにも
通じています。
今日は、”苦しみを笑って飛ばす”術について
書いてみたいと思います。
      *              *


現在、世界で最も”幸福指数”が高いのは
デンマークだそうです。
デンマークは、気候も寒く
喫煙率や飲酒率も高いそうですし、
国民は収入の半分を、税金として国に収めなければなりません。
ただ、子供や老人にかかる経費はほとんどタダ!
学生の授業料も、ほとんどタダ!!
有給休暇は、年に6週間!!!
こういった”福祉国家”であること以外に、
決定的要因は、国民の大半が、
”成功とは、お金や物質的成功だけでなく、
家族や友人・ライフワークの時間が沢山持てることだ”
。。。と、答えていることです。
   *           *
家や車、海外旅行にブランド・グッズを持つために、
日本では、子供が父親の顔を滅多に見ることはありません。
でも、自分の老後年金は崩壊してるから、お金を貯めなきゃいけないし、
子供を産もうものなら、一人前にするまでに1-2千万は
働いて叩きださなきゃいけない現実が有ります。
こんなの
はたして幸せなんでしょうか!?
一生賃貸暮らしだったとしても、
出世街道を途中下車して、9時ー5時ワークに就く事になったとしても、
子供が捕まり立ちして歩く瞬間が見れたり、
夫婦でお洒落をしてデートに出掛けたり、
夕暮れ時を、好きな人と一緒に散歩出来たり、
そんな暮らしが出来たほうが
よっぽど幸せなんじゃないでしょうか!?
それに、気候の暖かなハワイに暮らしたら、
きっと幸せなんだろうなぁ〜とか、
食べ物の美味しいイタリアやスペインあたりに暮らしたら、
きっと毎日パラダイスだなぁ〜とか、
そんなの幻想なんだっていうことが、
良く判りました。
         *
”幸せ”って、結局は
”目に見えるもの”と、”目に見えないもの”の
バランスが、ちゃんと半分づつ有るっていうことです。
どこに住んでも、何を食べても・食べなくても、
どれを着ても・着なくても、
”幸せ”な人は、チベットの山奥でもアフリカのサバンナでも
やっぱり”幸せ”をちゃんと感じるし、
それは”サクセスの価値観の置き方”なんだってことが
良〜く判りました。
          *
話は変わるのですが。。。
先日TVでジム・キャリーがインタビューに出ていて、
前は”なんだかスカした、軽いヤツ”。。。としか思って居なかったのですが、
このインタビューを聞いて、ちょっと彼を見直しました。
彼の家は、父親が職を転々とする極貧一家に生まれ、
幼い頃から、なんとかこの暮らしを脱出しようと、
鏡の前で、何千回も・何万回も
声帯模写や顔まね・物まねを練習したのだそうです。
早くから、スタンド・コメディー(日本でいうお笑い・ライブ)
に立って実力を磨き、なんと10歳の頃から
自分でせっせと”お笑い番組”に、
”レギュラーにしてください!”と、
売り込みレターを書いて、今日この姿があるのだそうです。
    
           *
デンマークしかり、ジム・キャリーしかり、
人ってつい”だって、親はこんな風だし”とか、
”だって、この年だし”とか、
”だって、この容姿だし”とか、
”だって、この学歴だし”と、不幸を数えるのが得意です。
でも、ボトル#82の”カリプソ”は、
どんな苦難を経験していても、それを環境のせいにしたり、
外的要因のせいにしたりせず、
その中から見えた”幸せの数を数えましょうよ”と、
教えている気がします。
”交通事故には遭ったけど、命は無事だったし”とか、
”失業したけど、独立心がついたし”とか、
不平・不満を数える前に、
明るくて・暖かい・光があたっているポイントを数える癖がつくと、
死ぬ前から”パラダイス”はやって来るし、
”Happy”は、ずっと前から自分の周りにはちゃんと居て、
私が探し出してくれるのを待っているだけなのだと思います。
            *
ジム・キャリーは、
”僕は、何をしても・しなくても
いつもHappyなんだ。。。”と、言っていました。
           カラフル・ハピネス・セラピスト 泉 智子

関連記事