『ビタミンカラーズ』2,000名以上のオーラソーマ卒業生を送り出しました

menu

東京のオーラソーマ資格スクール | ビタミンカラーズTOP

オーラソーマボトル#101”大天使ジョフィエル”に寄せて

ボトル#101には、
”Back to the Eden~エデンの園に戻る”
という意味があります。
大天使ジョフィエルは、堕落したアダムとイヴを
追放した天使として知られ、アダムとイヴは
再びエデンの園に戻る為に、
オーラソーマ上級で習得する、10の果実の教えを
人生で学習し・失楽園への道を辿るのだそうです。
今日は、ボトル#101にまつわる
”失楽園へ戻る道”の話しを書きたいと思います。
    *              *


アメリカは、X’masが近ずいて、
家々が工夫を凝らした電飾飾りを庭や家の外壁に取り付けたり、
思い思いのX’masツリーを飾ったり、
玄関や門には、素敵なX’masリースを取り付けます。
各家には、代々受け継ぐX’masオーナメントがあったり、
ブランド陶器みたいに、”XX年度発売のオーナメント”
なんていうのをコレクション自慢している家があったりします。
私と夫は、まだまだ新婚(笑)なので、
これから毎年少しづつ、オーナメントを買い足して、
”孫子の代まで残してあげようね”。。。と、
今はちょっぴり淋しい飾り付けではありますが、
これから毎年のX’masに、
オーナメントを増やすのを楽しみにしています。。。
11月末の”感謝祭”から続くX’masのこの季節、
“家族が居て、本当に良かった〜”と、
いつもしみじみ・思います。
           *
昔、私は家族はどうでも良いと思っていました。
都会派シングルを気取っていたから、残業・休日・気兼ねなく
思いっきり仕事が出来たし、
誰に許可を得なくても、海外旅行やお買い物三昧が出来るって
素敵なことだと思っていました。
でも今は、犬が居るので
今年は犬の蚤が家の中に大量発生して、
夫も私も”水ぼうそう”のように、全身赤い発疹に
悩まされました。
夫が居ると、友人との夜の外食や週末の約束も
一応許可が要ったり、
大きな買い物には、たとえ私のものだろうと相談が必要だったりと、
シングル時代のようには行きません。
それでも、“迷惑かけたり・掛けられたり”
“甘えさせてもらったり・しっかりリードしてあげたり”
そんな大波・小波を主人とワンコと超えるうちに、
ウチもようやく2人と1匹が“家族”と呼べる
硬い絆を結びつつ有ります。
寒い夜には、まるで電熱器のように暖かい
主人の手足にぴったり・体を寄せて眠るのが好きですし、
”家に帰りたいなぁ〜”と思うとき、いつも真っ先に浮かぶのは
もはや日本でも・両親が待つ実家でもなく、
LAの夫とワンコが待つ・この家になりました。
仕事をバリバリしていた時に比べ、
収入は遥かに減り、時間は“非生産的”なことに取られることが
各段に多くなりました。
それでも、
シングルの時に得ていたお金や地位・仕事の達成感とは
比べ物にならないほど、今の家族との暮らしを想うとき、
いつも掛け替えの無い・優しい想いに溢れます。
もしかしたら、それは私が
思いっきり仕事に趣味にと、独身貴族を悔いなく満喫し、
オーバー40’sで結婚したからこそ、
言えることなのかもしれません。。。
           *
人間が幸せになるには、
お金・仕事(ライフワーク)・友人・家族・趣味や遊び・
学ぶこと・社会と関わること・心の健康・体の健康・人間関係の
10個の果実をバランス良くかじっていないと、
結局は、幸せにはならないんだと思います。
私の場合は、たまたま”仕事やお金・学びや社会と関わること”の果実は
ずいぶん早くにかじっていましたが、
”家族や趣味と遊び、友人や人間関係”といった果実は
あまり大切にも思っていなかったし、
かじってもいませんでした。
人によっては、その逆もしかりで
”家族や友人、趣味”には恵まれたが、
これから”お金や仕事・学び”の果実を体験したいという人も
きっと居ることでしょう。
            *
ボトル#101が語るところの
”失楽園へ戻る道”は、
自分がかじっていなかった果実(価値観)を、
一生かけて、バランス良く習得することを指すのだと思います。
私の場合は、たまたま
それが”家族”だったりしましたが、
貴方の場合は、未体験の果実は
一体何ですか!?
来年の抱負を何かと思いめぐらすこの季節、
“私の未体験の果実”について、深く考えるには
絶好のチャンスなのかもしれませんね♪
        カラフル・ハピネス・セラピスト 泉 智子
PS:今年も一年”カラフル・ハピネス・ブログ”をご愛読頂き、
本当に有難う御座いました!
12月10日に私の最新刊“色の導き〜あなたの人生を
劇的に変えるカラーライフコーチ”(だいわ文庫¥650)が
発刊されましたので、X”masや年末・年始休暇にでも是非ご愛読下さいませ!
来年も皆様に、沢山のカラフル・ハピネスが訪れますように!
LAより、いつも・いつもお祈り致しております☆

関連記事